Support net Shizuoka for Higher Brain Dysfunction
NPO法人 高次脳機能障害サポートネットしずおか
 静岡県東部三島市。源兵衛川の流れ。市民憩いの場。市民総出で美しい水の流れを保持している。
 Welcome to support net Shizuoka   since 2008  更新日 2017年 5月 27日
 contentsメニュー
どんなNPO?行事・お知らせ活動の報告 書籍等紹介サポートブログ友の会ブログ
当事者・家族の手記
表表紙・裏表紙
リンク





連絡は下記までどうぞ!


西部:植田
053−448−1250

中部:滝川
054−622−7405

東部:井澤
055−978−5248

私たちは静岡県内を活動の場とし、脳外傷や脳卒中などで高次脳機能障害者となった当事者およびその家族に対して、支援活動を行い、生活の安定と社会環境の改善、ならびに地域の福祉の増進に寄与することを目的としたNPOです。                設立趣旨書 ここをクリックしてください。
 トピックス(更新情報)左のcontentsメニューをクリック
       
contents 2017年現在        タイトル         
         
 5月27日 さあ、パラリンピック目指して、ボッチャだ。 東部地区。        
 5月20日 西部地区はバイキング!        
 5月 4日 東部地区 三島の街を散策&花見会        
 4月22日 中部地区 勉強会        
 4月14日 西部地区 勉強会        
 3月 5日 パネル展に参加        
 1月28日 友の会「しずおか」新年会        
12月25日 友の会ブログ 山梨の仲間とクリスマス会 東部地区         
 12月17日 友の会ブログ 西部地区クリスマス会        
 12月10日 友の会ブログ 中部地区クリスマス会        
 11月26日 友の会ブログ 中部地区 ハートフルアート展        
 11月25日 友の会ブログ 音楽療法で自らの機能を再発見 東部地区        
11月 11日 友の会ブログ 講習会のお知らせ        
 11月 5日 友の会ブログ  東部各地区で支援従事者と交流        
 11月 5日 サポートブログ 司法と福祉の連携に関わる講演・シンポ        
       
       
       
       
※左のメニューをクリックするとタイトルにアクセスできます※
 
 
 各地で高次脳機能障害者相談会が開催されます。
各地区ごとの相談会窓口を下記に示します。
 静岡県東部地区
 東部健康福祉センター(沼津市)
奇数月に行っています
連絡先:福祉課 055-920-2087
富士健康福祉センター(富士市)
随時 
連絡先:福祉課 0545-65-2155 
御殿場健康福祉センター(御殿場市) 
随時 
連絡先:福祉課 0550-82-1222 
熱海健康福祉センター(熱海市) 
 随時
 連絡先:福祉課 0557-82-9120
賀茂健康福祉センター(下田市) 
年一回 
連絡先:福祉課 0558-24-2056 
 
  
 静岡県中部地区
中部健康福祉センター
藤枝会場 
静岡会場 
 両会場とも 連絡は 054-644-9281 
   
 静岡県西部地区
 西武健康福祉センター
 偶数月
 連絡先: 福祉課 0538-37-2252
会場:中遠総合庁舎(磐田市) 
    
  以上、相談会連絡先です。
       提示した電話先にお問い合わせしてください。
       なお、この相談会にはNPO高次脳機能障害サポートネット担当者
       及び脳外傷友の会「しずおか」家族会メンバーも参加します。
       家族会のことでお話をしたい方も参加してください。
 
       高次脳機能障害情報・支援センターのホームページを公開
      
        国立障害者リハビリテーションセンター が厚生労働省社会・
        援護局障害保健福祉部と協力して提供しています
      
         http://www.rehab.go.jp/brain_fukyu/index.html   
高次脳機能障害サポートネットしずおか 設立趣旨書

 交通事故や病気などが原因で、脳を損傷した場合、後遺症として記憶障害、注意障害、遂行機能障害、などの認知

障害や社会的行動障害など日常生活や社会生活への適応が困難になる「高次脳機能障害」を生じることがあります。

  しかしながら脳機能の障害は個々の症状がそれぞれ異なることや外見では分かりにくいために、障害を正しく理解

し適切な処置を行うことや社会復帰、社会参加を自力でさせることが困難です。また、当事者をとりまく社会一般も脳障

害への理解が少ないために当事者が社会復帰や社会参加を志してもそれを受け入れる環境があるとは言い難い状況

です。
 
 そこで、当事者に対して、行政機関、医療機関、福祉機関などの情報を提供すること、医療リハビリテーション後の生

活自立訓練、社会参加準備訓練などの自立のための支援を行い、さらに社会に対して、誰でもがなりうるこの障害の

理解を深めるよう啓発活動を行うことにより、高次脳機能障害者が安心して暮せる世の中を実現し、ひいては社会全

般、不特定多数の人々の利益に寄与することを目指すことを特定非営利活動法人 高次脳機能障害サポートネットし

ずおかの設立趣旨といたします。
トップへ
copyright 2008 NPO Supportnet Shizuoka for Higher Brain Dysfunction All Rights Reserved